キッズにとって、スポーツ用アウターは万能アイテム。

キッズのアウター選びは、サイズ、デザイン、機能に関して、大人よりも気を使う点が多いです。丈夫で洗濯しやすいスポーツ用アウターは、キッズにぴったりのアイテムです。

キッズのアウターはなるべく長く着られるようにサイズ選びが重要

キッズ用のアウターを選ぶときに、まず考えることはサイズです。大人用になると、S、M、Lと大ざっぱな大きさが提示されており、裾直しなどで調整を行います。また余裕のあるサイズを購入すれば商品自体が劣化しない限り長い間着ることができます。キッズ商品は10センチ単位でサイズがあり、成長期には1年で着ることができなくなる可能性も高いです。また年齢とサイズが合わない子もいます。よって、なるべく長く着られるように少し大きめのサイズを選ぶという方は多く、裾直しなどがしやすいものを選べば調整もしやすくなります。

キッズのアウターはJIS規格が非常に重要

キッズのスポーツ用アウターに多いのは、フード付きのものです。しかし、フードやその紐が原因となる事故もあるので、大人でも注意が必要です。子供同士が鬼ごっこの際、フードを掴めば、窒息の可能性もあります。また他にフードを遊具にひっかけてしまったり、紐が遊具に引っかかったりと、凶器になりかねないのです。実はそのような危険を、できるだけ回避する規格がJIS規格にはあります。購入の際は、JIS規格の表示があるのかを確認してみることは大切です。

キッズでもおしゃれな物を選べば、普段着用にもなる

スポーツ用のアウターはキッズでも大人でも、意外と普段着でも着ることができます。そのようなスタイルがおしゃれとして見直されているという点もありますが、最近はデザイン性の高いものがあり、むしろスポーツだけに利用するにはもったいないという商品も多いのです。女の子に関しても最近は普段用にもスポーティーなものを合わせる子も多いです。動きやすく、洗濯がしやすく、丈夫で、防寒性の高いアウターはキッズのおしゃれに一役買ってくれるアイテムです。

丈夫で洗濯が楽で、普段着にも活用できるキッズ用スポーツアウター

キッズ用のアウターは少し大き目を選んで長く着られるものにすることで、スポーツはもちろん普段着として活用する幅も増え、少々値段がはっても買った甲斐があったと思えるものです。スポーツ用を普段着として、気軽に着ることができるキッズ用は、ぜひ注目したい商品です。
スポーツ用アウターの人気デザイン

大人になっても、趣味や健康のためにスポーツをしている人も少なくないでしょう。スポーツと言ってもランニングから球技までさまざまありますが、本格的な試合や大会以外でも着用する服は動きやすいものが多くなっています。スポーツメーカーも高機能なものやデザインの良いアウターを販売していて、軽く運動したいときに着用できる練習着を販売しています。特に気にする必要もありませんが、周囲の視線を気にしてしまう人にとってアウターのデザインも重要になってくるでしょう。

スポーツアウターは質素

どのスポーツメーカーを見てみても、販売されているアウターなどはデザインが質素なものが多いです。おしゃれをするためのアウターというわけではなく、スポーツの練習などで着用するもののため、デザインは質素に作られています。もちろん中には派手なデザインがありますが、少数でしょう。しかし、見た目が質素だからと言って機能が悪いわけではなく、体を温める機能があるものや、通気性の良いものなど練習をサポートしてくれるものが多くなっているのです。

個性を出すなら色を意識

アウターのデザインが質素なものが多いからと言って、すべてがおしゃれを意識できないというわけではありません。アウターやインナーの色の組み合わせを意識し、パンツとの色合いに注意するだけで個性を出すことも可能なのです。特にレディース向けのアウターは同じモデルのものでもカラーバリエーションが豊富なので、おしゃれを意識して組み合わせることもできます。メンズ用のアウターは黒や紺色など寒色系のカラーが多くなっています。

デザインに囚われすぎない

アウターのデザインばかりを気にして選んでしまうと、実際に着用して練習したときに不満が出てしまうこともあります。機能性を意識しなければスポーツ用品というのは最大限の効果を発揮してくれないのです。もちろんデザインを意識するのは悪いことではありませんが、どのような機能をアウターに求めているのかをはっきりとさせておきましょう。望んだ機能に合うデザインのものがベストです。

好きなアウターでエンジョイ

スポーツに取り組むモチベーションを向上させるためにも、アウターのデザインは大きな要因となることでしょう。質素なデザインでも気に入っているものなら良いのですが、仕方なく着ているものなどはモチベーションが低下してしまう原因にもなりかねます。そのため、多少機能は劣っても好みのデザインのものがあるならそちらを選んだり、チームウェアなど複数人で同じアウターを着用したりするのも良いでしょう。