速乾性に優れているアウターとはどんなものがあるのか?

スポーツなどで不快になる、まとわりつくような汗でもすぐに気にならなくなる速乾性が高いアウター。

速乾性は最近、よく聞くフレーズですが言葉の意味はスポーツや運動などで出た汗をいち早く吸収して、またその汗を乾かす機能のことを指します。吸水速乾性とは、使用している生地の内側には素早く汗を吸収する機能を持ち、その反対の外側には汗を放出する機能を持った素材が使われています。ベトベトのまとわりつくような汗を素早く吸収して、それを素早く乾燥させることで着用する人に心地よさを与えています。
このような速乾性は、主に機能性インナーの場合によく聞く言葉ですが、実はアウターにも同じことがいえるのです。

インナーは直接肌に触れるものなので、速乾性のある素材は特に人気のアイテム

やはりスポーツなどの運動で大量の汗をかいた時に、いつまでも汗が乾かなければ、体が冷えることで体力の低下に繋がります。さらに、このように汗を多く含んだものを着用していると、ベストなパフォーマンスができない要因にもなってしまうのです。

このようなことからも優れた機能性インナーを選ぶことが、スポーツをする時にはいかに大切なことか分かります。これはアウターにも共通して言えることです。
ただインナーとは違ってアウターは直接肌に触れるわけではないですが、同じく速乾性に優れている素材は人気があります。

アウターは、インナーのように直接体に触れる部分はそれほどありません。しかし、冬場など何枚書き込んだ際には、汗をかき、その汗は洋服の中で蒸れて不快感の原因になることがあります。そのようなときに、速乾性のあるアウターを着用していると快適に過ごすこともできるのです。
冬のスポーツの休憩時にも、アウターは活躍します。そのような時こそ、汗を気にせず体温調節ができるものが便利なのです。

機能も重要

またアウターは、他にも優れた機能が重要になってきます。
特に肌寒い時期などには、防寒性に優れたものが必要になります。また、着用したままランニングなどのスポーツをする際には、軽量な素材であることは重要です。上部で伸縮性があることも、重要なポイントになります。

まとめ

運動をする際に着用するアウターを選ぶのなら、動きやすくて自分に合うことが大事です。しかし、それだけではなく速乾性にもウエイトをおいて選んでみましょう。そうすることで、パフォーマンスアップにも繋がります。
おしゃれに着こなしつつ寒さ対策にも優れたアウターとは?

アウターは素材から選んでみよう。おしゃれに着こなしつつ寒さ対策にも優れたアウターがきっと見つかります。

自分でアウターを選ぶときに重要視するポイントはなんですか?着心地の良さ、素材がしっかりしているもの、寒さをしっかりと防ぐ機能に優れたもの、撥水力が高く冷たい雨も通さないもの、そういった機能性よりもとにかくおしゃれにこだわって着こなしたいなどさまざまな意見があるでしょう。しかし、現在のアウターは技術の進歩からさまざまな機能を併せ持ったおしゃれでかっこよいデザインのものが多く発売されています。

アウターを素材から選んでみるとこんな良いことがありました。

コートなどのアウターを選ぶならやはり素材にこだわりたいという人は多いでしょう。アウターを素材で選ぶ時には、どのようなものがおすすめと言えるのでしょうか。例えばムートンの素材です。ムートンは滑らかな肌触りが魅力で、機能性も高くおしゃれに着こなすことができるので人気があります。コートでの定番は、ウールです。上質なウールなら、かなりの暖かさです。ウールは羊の毛で着ている繊維です。暖かさもそうですがこのウールの素晴らしいところは保湿性が高いことです。寒く乾燥するこの時期に保湿性に優れている素材はとても重宝されます。

冬の定番と言えばカシミヤのセーターやマフラーです

ヤギの毛を使って作られているカシミヤは、冬の防寒着の定番中の定番と言える素材です。カシミヤは放熱を抑える効果があるので、人の体温を奪うことがないのです。またつるつるとしたシルクのような肌触りで、着心地も最高に良いです。値段がウールなどに比べると少し高めではありますが、長く着たいと感じている人はこういった高級素材のものを一つ持っていると良いでしょう。

可愛さも兼ね備えたおしゃれ女子に大人気のアンゴラ

アンゴラうさぎやアンゴラヤギからできている素材のアンゴラ。本当にフワフワしていてまるでうさぎのような可愛らしさも兼ね備えた、アウターの素材です。その可愛さからアンゴラは、おしゃれが大好きな女子にとても人気が高い素材です。可愛さもさることながらアンゴラは肌触りも良いうえに機能性にも優れています。暖かで軽いことが、アウターを求めるうえで重要なポイントとなっています。その両方を満たすアンゴラは、素材と機能性どちらをとってもおしゃれ女子に人気が高い理由がわかります。

アウター選びに悩んだら、素材を重視して選んでみましょう。

肌触りや、機能性など素材を中心に選ぶアウターは、飽きのこないベーシックなアウターもおすすめです。ボトムスやインナーを選ばずどんなものにも合わせることができるので、カジュアルにもフォーマルにも活躍します。
冬のスポーツに欠かせないアウターをお得に買う探し方とは

スポーツを行う方にとって悩ましいのが、必要となる備品を購入するための費用ではないでしょうか。スポーツによってさまざまな必要不可欠な備品があります。野球ならばグローブやボール、バット、サッカーならばスパイクやボールなどです。そんな中で冬場、外で行うスポーツにおいて購入するかどうか迷うのがスポーツ用のアウターです。

スポーツを行う上で冬場アウターの必要性

外で行うスポーツ程、冬場の寒さを防ぐためにスポーツ用のアウターを購入するべきかどうか悩む方も多いでしょう。もちろんアウターはあれば重宝しますが、一年のうちに使用する頻度と価格を考えた場合に、購入をためらうことがあるでしょう。しかしアウターがあるのとないのでは体温の管理に大きな差がでてしまいます。冬場、寒さを我慢した場合に、いざ身体を動かそうと思ってもなかなか身体が動かないものです。そのためスポーツを行ううえではやはりアウターは必要となるでしょう。

失敗しないアウターの選び方

アウターを買おうと思った場合にどんなものを購入しようか迷う人もいます。スポーツ用のアウターはそれぞれの場面によっても必要なものが異なります、例えば通常練習時にはウィンドブレーカーなどのアウターを着用して体温を下げないようにします。ウィンドブレーカーは上下セットで販売されているものが多いです。また撥水加工がしてあるものは多少の雨ならはじくことができるため、雨の日でも服が濡れずに練習ができおすすめです。通常の練習以外で必要となるのがベンチコートです。正式な試合ではユニフォームを着用し試合を行わなければなりませんが、ウィンドブレーカーだとすぐに着たり、脱いだりすることが出来ないので重宝するのがベンチコートです。試合に出ていない選手はベンチコートを着てスタンバイすることが多いです。ベンチコートの探し方としては足元まですっぽりと隠れるサイズを購入するとより温かく、体温の低下を防ぐことができます。

アウターの購入は季節の変わり目がねらい目

冬のスポーツに欠かすことのできないアウターですが、保温性など生地がしっかりとしている分、夏用のスポーツウェアと比較してその価格は跳ね上がります。寒くなってきてから購入したいと探しても、バーゲンを行っているところは少なく、なかなか安く購入することはできないでしょう。そんなときは冬から春になる季節の変わり目に店頭や通販で探してみるとよいでしょう。温かくなってくると購入しようとする顧客が減少し、店頭等に在庫が残ってしまう場合があるため、在庫を残しておきたくない場合バーゲンが開催される場合が多いのです。お得なアウターの探し方は春から行動することが大切といえます。

まとめ

冬場外で行うスポーツでは体温の低下を防ぐためにアウターが必要不可欠です。通常の練習時と試合時では必要なものが異なるため、場面に合わせたアウターを購入しなければなりません。アウターのバーゲンは春に開催されることが多いため、お得なアウターの探し方としては温かくなった春のバーゲンをチェックすることが大切です。
アウターは機能性が高いものを選ぶと良い

アウターはおしゃれでかわいい物、かっこいい物もいいですがやはり機能性が高いものが良いです。アウターの役目としては防寒としての対策がメインとなっているからです。アウターで人気のある機能性には、どのようなものがあるのでしょう。

アウターを選ぶならやはり防寒力に優れたものを選ぼう

アウターはやはり機能性に優れたものから選ぶと良いです。寒い冬を過ごすために絶対必要なウェアが、アウターです。まずはしっかりと寒さを凌いでくれる機能を持ったアウターを選ぶことをおすすめします。やはり冬に持っておきたいアウターの一枚が、ダウンジャケットです。ダウンは一枚持っておけば基本的にどのような服装にも合い、防寒着としても最適な一枚です。かしこまった席でなければスーツなどにもダウンは合わせることができる万能のアウターです。また機能性も高くダウンジャケットさえあれば冬は越せると考える人も多いのではないでしょうか。

アウターを選ぶ時のポイントは防寒以外にもある

アウターを選ぶ時の機能で重視するところは防寒だけと思っている人も中にはいるでしょう。しかし、冬に着るアウターは防寒力だけ高くてもだめなのです。例えば、撥水力に優れたものも人気が高いです。撥水力はアウターを選ぶ時にあまり気に留めない機能性かもしれません。しかし、撥水力が高いと雨の日や雪の日に濡れたときも、寒さからガードしてくれるわけです。雨などでぬれた衣服は、思った以上に体が冷えるのです。防寒力そして撥水力が高いアウターが、人気のアウターの機能性と言えます。

防寒力と撥水力、両方を兼ね備えたアウターってどんなものがあるのか

防寒力と撥水力の機能性が高いものを購入するといっても、その両方を兼ね備えたアウターにはどのような種類があるのでしょうか。ダウンフェザー混やリアルファーを使用した素材のアウターは、その2つの機能性を兼ね備えています。ジェットというブランドから売り出されているアウターは、それらを使用したものです。また価格もそこまで高いものではなく手に取りやすい価格なので、そういった面でも人気が高いです。

機能性が高いアウターを選んでおしゃれに街へ出かけよう

機能性ばかりに注目していましたが、今のアウターは素晴らしい機能性にプラスして、おしゃれなデザインのものが多く発売されているのです。機能性を重視したからと言っておしゃれをあきらめる必要はありません。冬でもおしゃれを気にしながら、寒さ対策ができることが理想です。
キッズにとって、スポーツ用アウターは万能アイテム。

キッズのアウター選びは、サイズ、デザイン、機能に関して、大人よりも気を使う点が多いです。丈夫で洗濯しやすいスポーツ用アウターは、キッズにぴったりのアイテムです。

キッズのアウターはなるべく長く着られるようにサイズ選びが重要

キッズ用のアウターを選ぶときに、まず考えることはサイズです。大人用になると、S、M、Lと大ざっぱな大きさが提示されており、裾直しなどで調整を行います。また余裕のあるサイズを購入すれば商品自体が劣化しない限り長い間着ることができます。キッズ商品は10センチ単位でサイズがあり、成長期には1年で着ることができなくなる可能性も高いです。また年齢とサイズが合わない子もいます。よって、なるべく長く着られるように少し大きめのサイズを選ぶという方は多く、裾直しなどがしやすいものを選べば調整もしやすくなります。

キッズのアウターはJIS規格が非常に重要

キッズのスポーツ用アウターに多いのは、フード付きのものです。しかし、フードやその紐が原因となる事故もあるので、大人でも注意が必要です。子供同士が鬼ごっこの際、フードを掴めば、窒息の可能性もあります。また他にフードを遊具にひっかけてしまったり、紐が遊具に引っかかったりと、凶器になりかねないのです。実はそのような危険を、できるだけ回避する規格がJIS規格にはあります。購入の際は、JIS規格の表示があるのかを確認してみることは大切です。

キッズでもおしゃれな物を選べば、普段着用にもなる

スポーツ用のアウターはキッズでも大人でも、意外と普段着でも着ることができます。そのようなスタイルがおしゃれとして見直されているという点もありますが、最近はデザイン性の高いものがあり、むしろスポーツだけに利用するにはもったいないという商品も多いのです。女の子に関しても最近は普段用にもスポーティーなものを合わせる子も多いです。動きやすく、洗濯がしやすく、丈夫で、防寒性の高いアウターはキッズのおしゃれに一役買ってくれるアイテムです。

丈夫で洗濯が楽で、普段着にも活用できるキッズ用スポーツアウター

キッズ用のアウターは少し大き目を選んで長く着られるものにすることで、スポーツはもちろん普段着として活用する幅も増え、少々値段がはっても買った甲斐があったと思えるものです。スポーツ用を普段着として、気軽に着ることができるキッズ用は、ぜひ注目したい商品です。
スポーツ用アウターの人気デザイン

大人になっても、趣味や健康のためにスポーツをしている人も少なくないでしょう。スポーツと言ってもランニングから球技までさまざまありますが、本格的な試合や大会以外でも着用する服は動きやすいものが多くなっています。スポーツメーカーも高機能なものやデザインの良いアウターを販売していて、軽く運動したいときに着用できる練習着を販売しています。特に気にする必要もありませんが、周囲の視線を気にしてしまう人にとってアウターのデザインも重要になってくるでしょう。

スポーツアウターは質素

どのスポーツメーカーを見てみても、販売されているアウターなどはデザインが質素なものが多いです。おしゃれをするためのアウターというわけではなく、スポーツの練習などで着用するもののため、デザインは質素に作られています。もちろん中には派手なデザインがありますが、少数でしょう。しかし、見た目が質素だからと言って機能が悪いわけではなく、体を温める機能があるものや、通気性の良いものなど練習をサポートしてくれるものが多くなっているのです。

個性を出すなら色を意識

アウターのデザインが質素なものが多いからと言って、すべてがおしゃれを意識できないというわけではありません。アウターやインナーの色の組み合わせを意識し、パンツとの色合いに注意するだけで個性を出すことも可能なのです。特にレディース向けのアウターは同じモデルのものでもカラーバリエーションが豊富なので、おしゃれを意識して組み合わせることもできます。メンズ用のアウターは黒や紺色など寒色系のカラーが多くなっています。

デザインに囚われすぎない

アウターのデザインばかりを気にして選んでしまうと、実際に着用して練習したときに不満が出てしまうこともあります。機能性を意識しなければスポーツ用品というのは最大限の効果を発揮してくれないのです。もちろんデザインを意識するのは悪いことではありませんが、どのような機能をアウターに求めているのかをはっきりとさせておきましょう。望んだ機能に合うデザインのものがベストです。

好きなアウターでエンジョイ

スポーツに取り組むモチベーションを向上させるためにも、アウターのデザインは大きな要因となることでしょう。質素なデザインでも気に入っているものなら良いのですが、仕方なく着ているものなどはモチベーションが低下してしまう原因にもなりかねます。そのため、多少機能は劣っても好みのデザインのものがあるならそちらを選んだり、チームウェアなど複数人で同じアウターを着用したりするのも良いでしょう。