スポーツ用のアウターは、様々な場所で使えるものがおすすめ

アウターは冬のスポーツにはおすすめのアイテムですが、冬だけのものではなく、またスポーツの時だけのものでもありません。普段使いのオシャレにも、夏の冷房対策にも活躍します。

用途によって、アウターのおすすめは違います

スポーツ用のアウターは目的によっても、おすすめするものが違ってきます。山登りひとつをとっても、季節や標高などでその装備は全く違うものになります。まずはそのスポーツの特性を考えて選ぶことは大切です。もっとも売り場自体がジャンルごとに分かれていることが多いので、わからなければ売り場の人に相談するのも良いでしょう。
ただの防寒具というだけではなく、ファッション性も重視して街でも着ることができる、普段使いにもできる商品であればますますその価値は上がります。スポーツに特化せず様々なシーンで活用できれば、コストパフォーマンスも高くなるのです、

アウターのなかでもウィンドブレーカーは汎用性が高いです

普段着としても、アウトドア用品としても活躍するウィンドブレーカーはスポーツ用のアウターとしておすすめ商品のひとつです。実は一年中着る機会があることもポイントです。夏はいらないと思われがちですが、早朝のランニングをする人や高い山に登る人以外にも、冷房の効いたショッピングモールや会社で軽い羽織物として活躍します。酷暑などになるとさすがに必要ありませんが、薄手のウィンドブレーカーは冬の防寒にも良し、運動中の発汗作用をうながすアイテムとしても良し、夏の冷房から体を守るためにも良しと、意外と使えるのです。

ランニングにアウターは必要か

軽量のものを選ぶことで、ランニングの邪魔にはなりませんし、インナーに給水速乾性の高い機能のあるものを選ぶことで、汗をかいて風邪をひくことを防ぐこともできます。また冬の寒さは筋肉を緊張させますから、動きを鈍らせてしまう要因になりますし、怪我の原因にもなります。アウターを着ることで、冬の怪我を防止することもできるのです。

スポーツ用のアウターは冬のスポーツ用防寒具というだけでなく、気軽に使えて、普段着としても活用ができる商品です。またインナーと合わせて使うことで、高い効果を発揮することもあります。運動は怪我などにも考慮する必要があります。アウター選びは怪我防止にも繋がりますので、デザイン、金額、そして機能の揃ったものを探してみましょう。

キッズにとって、スポーツ用アウターは万能アイテム。

キッズのアウター選びは、サイズ、デザイン、機能に関して、大人よりも気を使う点が多いです。丈夫で洗濯しやすいスポーツ用アウターは、キッズにぴったりのアイテムです。

キッズのアウターはなるべく長く着られるようにサイズ選びが重要

キッズ用のアウターを選ぶときに、まず考えることはサイズです。大人用になると、S、M、Lと大ざっぱな大きさが提示されており、裾直しなどで調整を行います。また余裕のあるサイズを購入すれば商品自体が劣化しない限り長い間着ることができます。キッズ商品は10センチ単位でサイズがあり、成長期には1年で着ることができなくなる可能性も高いです。また年齢とサイズが合わない子もいます。よって、なるべく長く着られるように少し大きめのサイズを選ぶという方は多く、裾直しなどがしやすいものを選べば調整もしやすくなります。

キッズのアウターはJIS規格が非常に重要

キッズのスポーツ用アウターに多いのは、フード付きのものです。しかし、フードやその紐が原因となる事故もあるので、大人でも注意が必要です。子供同士が鬼ごっこの際、フードを掴めば、窒息の可能性もあります。また他にフードを遊具にひっかけてしまったり、紐が遊具に引っかかったりと、凶器になりかねないのです。実はそのような危険を、できるだけ回避する規格がJIS規格にはあります。購入の際は、JIS規格の表示があるのかを確認してみることは大切です。

キッズでもおしゃれな物を選べば、普段着用にもなる

スポーツ用のアウターはキッズでも大人でも、意外と普段着でも着ることができます。そのようなスタイルがおしゃれとして見直されているという点もありますが、最近はデザイン性の高いものがあり、むしろスポーツだけに利用するにはもったいないという商品も多いのです。女の子に関しても最近は普段用にもスポーティーなものを合わせる子も多いです。動きやすく、洗濯がしやすく、丈夫で、防寒性の高いアウターはキッズのおしゃれに一役買ってくれるアイテムです。

丈夫で洗濯が楽で、普段着にも活用できるキッズ用スポーツアウター

キッズ用のアウターは少し大き目を選んで長く着られるものにすることで、スポーツはもちろん普段着として活用する幅も増え、少々値段がはっても買った甲斐があったと思えるものです。スポーツ用を普段着として、気軽に着ることができるキッズ用は、ぜひ注目したい商品です。
スポーツ用のアウターを自分で作成

本格的なスポーツではなくても、日常的に運動をする習慣が身についている人は多くいます。運動に適している服装を探している人もいるでしょう。夏場などは良いですが、秋から冬にかけてだんだん寒い日が増えてくるとアウターなどが貴重になってきます。スポーツ用品店に行って人気のアウターなどを購入するのも一つの方法ですが、せっかくならオリジナルのアウターを作ってみませんか。

オリジナルアウターはネットで依頼

アウターに限らず、オリジナルで何かを作成しようとするとネット依頼が基本になってきます。ネットではさまざまな制作会社が依頼を受け付けているので、どこがおすすめなのかがわかりやすく依頼方法も簡単なことから人気があります。アウターにはプリントしたいロゴやイラスト、文字などを指定して、発注枚数とサイズを伝えるだけなので、個人依頼や団体依頼でも対応してもらえます。特に団体などには割引もあるので利用しやすくなっています。

オリジナルアウターのポイント

ネットでアウターを作成しようとするときに気を付けておきたいポイントがあります。それは作成にかかる費用と納品までの日数です。これは作成してくれる業者によって大きく変わってくるので、事前に複数社チェックしておく必要があるでしょう。基本的な費用は高くても割引サービスが充実している業者だったり、費用は高めでも納品までの期間が短かったりと業者によってさまざまです。また、納品にかかる時間は拠点となる場所と業者の工場の場所によっても変わってくるので、できるだけ近くの業者を依頼すると良いでしょう。

メーカーが作成したオリジナルアウター

自分でデザインしたアウターではなくても、オリジナルのアウターを手に入れることができます。それはメーカーが作成した限定デザインのアウターです。限定デザインになってくると、他に購入者が少ないなどのメリットがあり、周囲で持っているのは自分だけという場合が多くなります。そのため、オリジナル感を味わえるアウターとなっています。また、コラボ系のデザインもオリジナルのアウターと呼べるでしょう。

アウターはネットで賢く注文

スポーツショップでアウターを購入するよりもネットでオリジナルのアウターを作成した方がメリットはたくさんあります。既製品をショップで購入しようとした場合、売り切れや取り扱いをしていないという問題がありますが、ネットで作成した場合はそのようなことがありません。デザインも自分好みにでき、欲しいと思ったときに作成依頼を出せるので時間に囚われないこともメリットでしょう。
スポーツ用のレディースアウター

スポーツ用のアウターというとウィンドブレーカーやランニングパーカーのようなものがあります。風をしのぐことができ、通気性抜群のものなど効果は様々ですが、ただ効果を求めるのではなく、見た目の可愛さなどにも意識を向けることで着用時の気分も昂揚するでしょう。レディース向けのアウターなどは機能性と一緒にデザインを意識したものを多く販売しているので、女性で運動をする習慣がある人はスポーツ用品店などで一度確認してみることをおすすめします。

スウェットタイプのアウター

レディース向けのアウターと言っても、それぞれの運動に適したものがあります。スウェットタイプのものなら走ることが好きな人に向いています。本格的なスポーツはしていないけれど、ランニング程度の運動をしている人はスウェットタイプがぴったりです。スウェットだと寒いと思う人もいるでしょうが、裏ボアタイプのものもあり、年間を通して使えるように工夫されています。そのため、機能やデザインを抜きにしても人気が高いアウターとなっています。

冬に使えるウィンドブレーカー

ウィンドブレーカーは冬の冷たい風を全く通さないアウターとして人気があります。着用していると冬でも暖かく、子供から大人まで使用できるのでスポーツの必需品と呼べるでしょう。しかし、ウィンドブレーカーはデザインが質素なものが多く、メンズとレディースにあまり違いはありません。最近は秋冬共用で使えるウィンドブレーカーがあり、季節に合わせてリバーシブルで着用できるので、スポーツ用のアウターでありながらおしゃれをしたい女性の希望をかなえたものとなっています。

豊富なカラーバリエーション

ウィンドブレーカーやスウェットなど関係なく、アウターはデザインが豊富というわけではなく、カラーバリエーションで差別化しています。特にレディースとなると可愛い色合いのものが多くなっているので、スポーツをしながらおしゃれに決めることができるのです。販売しているメーカーによってカラー数は違いますが、最低でも3色、多いものでは10色を超えることもあります。そのため、好みの色のアウターを着用できます。

アウターを選ぶ手段

スポーツ用品ショップが近くにあれば実際に店舗に足を運んでみて、アウターを手に取って選ぶことが理想と言えますが、インターネット通販を利用するのも良いでしょう。実店舗の場合はどのようなアウターなのか試着もできますが、お店に置いてある在庫には限りがあるので、お店で実物を見てインターネットで注文することが理想的です。
メンズアウターでかっこいいスポーツMIXコーデの作り方

流行を通り越して定番となったスポーツMIXコーデ。街を歩いていると、かっこいいスポーツMIXの着こなしをしている人を多く見かけますが、実際自分がやってみようと思うと、どうすればかっこよく決まるのかよくわかりません。
そんな悩めるメンズのためにアウターを使ったスポーツMIXコーデが簡単にできるポイントをお教えします。スポーツ好きなメンズならトレーニングジムにいくときや、試合のときなど、ひと際目立つ存在になれますよ。

スポーツMIXって?

簡単に言うと、スポーツテイストのアイテムを取り入れたファッションのことです。シンプルでラフなスタイルの流行もあり、おしゃれなで有名なメンズ芸能人もスポーツテイストのアイテムを上手に取り入れたスポーツMIXコーデをInstagramでもたくさん披露しています。女性でもメンズものの大きめのスポーツブランドのアウターを、上手に使っていらっしゃる人もいます。
代表的な着こなし方としては全体的にスポーティーにまとめ、一部にきれいめのアイテムをもってくる方法です。例えば最近流行したのが、Tシャツとスウェットパンツでつくったスポーティースタイルにグレンチェックのチェスターコートのアウターという組み合わせです。きれいめのシャツからカジュアルなジーンズまで、スポーツMIXに似合うアイテムはたくさんあるので、コーデの組み合わせも豊富になります。

どんな人にオススメ?

スポーツ好きの人はもちろん、体型に悩みがある人にもオススメです。スウェット生地など、ゆったりしたデザインが多く、体型カバーが期待できます。ブランドものが苦手というメンズも、スポーツブランドなら気軽に取り入れやすいのです。

スポーツMIXの着こなしポイント

初心者でも取り入れやすいスポーツMIXですが、2つの着こなしのポイントがあります。
1つ目はシンプルにまとめること。デザインや色が派手なアイテムを組み合わせるのはファッション上級者でなければなかなか難しいことです。スポーツファッションには基本的に派手さは不要です。使用する色は3色程度にして、きれいめな印象でまとめることで、おしゃれ感をより引き出してくれます。
2つ目はメリハリをつけること。例えば、アウターを大きめのジャージテイストのものにしたら、ボトムスは細身のものできっちり感を出す、といった雰囲気のメリハリ感が重要になります。この2つが守れていないとただのジャージ姿なんてことにもなりかねないので注意が必要です。

まとめ

スポーツMIXを取り入れる際、シンプルにまとめる、メリハリをつける、といった2つの点を意識するだけで簡単にオシャレに着こなすことができます。同じスポーツをするライバルと差をつけるチャンス!ファッションに無頓着なメンズでも取り入れやすいスポーツブランドアイテムも活用しながら、かっこいいスポーツMIXメンズを目指しましょう。
スポーツ用アウターの人気デザイン

大人になっても、趣味や健康のためにスポーツをしている人も少なくないでしょう。スポーツと言ってもランニングから球技までさまざまありますが、本格的な試合や大会以外でも着用する服は動きやすいものが多くなっています。スポーツメーカーも高機能なものやデザインの良いアウターを販売していて、軽く運動したいときに着用できる練習着を販売しています。特に気にする必要もありませんが、周囲の視線を気にしてしまう人にとってアウターのデザインも重要になってくるでしょう。

スポーツアウターは質素

どのスポーツメーカーを見てみても、販売されているアウターなどはデザインが質素なものが多いです。おしゃれをするためのアウターというわけではなく、スポーツの練習などで着用するもののため、デザインは質素に作られています。もちろん中には派手なデザインがありますが、少数でしょう。しかし、見た目が質素だからと言って機能が悪いわけではなく、体を温める機能があるものや、通気性の良いものなど練習をサポートしてくれるものが多くなっているのです。

個性を出すなら色を意識

アウターのデザインが質素なものが多いからと言って、すべてがおしゃれを意識できないというわけではありません。アウターやインナーの色の組み合わせを意識し、パンツとの色合いに注意するだけで個性を出すことも可能なのです。特にレディース向けのアウターは同じモデルのものでもカラーバリエーションが豊富なので、おしゃれを意識して組み合わせることもできます。メンズ用のアウターは黒や紺色など寒色系のカラーが多くなっています。

デザインに囚われすぎない

アウターのデザインばかりを気にして選んでしまうと、実際に着用して練習したときに不満が出てしまうこともあります。機能性を意識しなければスポーツ用品というのは最大限の効果を発揮してくれないのです。もちろんデザインを意識するのは悪いことではありませんが、どのような機能をアウターに求めているのかをはっきりとさせておきましょう。望んだ機能に合うデザインのものがベストです。

好きなアウターでエンジョイ

スポーツに取り組むモチベーションを向上させるためにも、アウターのデザインは大きな要因となることでしょう。質素なデザインでも気に入っているものなら良いのですが、仕方なく着ているものなどはモチベーションが低下してしまう原因にもなりかねます。そのため、多少機能は劣っても好みのデザインのものがあるならそちらを選んだり、チームウェアなど複数人で同じアウターを着用したりするのも良いでしょう。